結婚式の前撮り写真について

カテゴリ

カレンダー

2018年6月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新情報

2017年12月19日
結婚式の前撮り写真についてを更新。
2017年12月19日
和装の結婚式は前撮りがおすすめを更新。
2017年12月19日
前撮りをする時期や和装選びについてを更新。
2017年12月19日
前撮りをして結婚式を迎えようを更新。

日本の伝統

一生に一度の結婚式。当日写真を撮るももちろん可能ですが、それではゲストの方々と過ごす時間が少なくなります。ゲストの方と過ごす時間を長く取るためにも、写真は別の日に撮る「前撮り」がおススメです。
特に打掛けとかの和装はお支度にも時間がかかるし、成人式で着物を着たことがある人でも具合が悪くなる人も結構いるくらい、振袖とは比べ物にならないくらい重くて、締める紐の本数も多いし、帯の締め方も違うしので、もし結婚式当日も和装を着用する予定があるなら、慣れるためにも前写真は撮っておいた方がいいと思います。前撮りだと、ロケーションに行ったりして、和装に合う場所(神社や桜の木の下など)で写真を撮れるのでステキな写真も撮れると思います。
最近はナチュラルな雰囲気の写真が好まれるし、洋装だけの結婚式が増えて、和装自体を結婚式で着る人が少なくなってきましたが、やはり白無垢姿はどんな人でが着てもとてもキレイだし、色打掛はどんな人が着ても本当に華やかなのでぜひ花嫁さんみんなに着てみて欲しいです。最初にも書きましたが、一生に一度、花嫁さんしか着ることの出来ない着物なので、経験してみるべきだと思います。というのが、花嫁さんのお支度の仕事をしていた私の思いです。

当日の予行演習もできる

人生の中でも大きな晴れ舞台のひとつである結婚式。結婚式ではウエディングドレスも人気ですが、やはり日本人として和装での結婚式をあげたいという方も多くいらっしゃいます。そしてせっかく和装で結婚式を挙げるのなら、記念として残すために写真を前撮りしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
前撮りというのは結婚式とは別に日に写真のみを撮影する事をいいます。なぜ結婚式の日とは別の日に写真の撮影を行うのかというと、結婚式当日というのはきちんと落ち着いて写真を撮るのが難しいからです。そのため美しいロケーションの場所などで改めて記念として写真を撮影する前撮りを行うのです。さらに前撮りを行うと結婚式と同じようにヘアメイクなども行うので、当日の予行演習にもなります。
そんな前撮りですが、前撮りを行うときには場所は大きく分けて2パターンあります。一つはスタジオでの撮影です。スタジオでの写真は室内で行うため点声に左右され辛く、落ち着いて撮影することができます。もう一つは美しいロケーションの中での撮影ですが、和装での前撮りを行う場合には庭園や神社など和装に似合った場所が人気です。結婚式当日さながらに美しく着飾っての撮影は思い出になりますし、きちんとした写真を残したいという方は前撮りを行うのがおすすめです。

Copyright(C)2017 結婚式の前撮りは和装の写真も撮って一生に一度の思い出に All Rights Reserved.